ひたちなか市文化協会 会長あいさつ


会長の上半身の写真です。ワイシャツにネクタイと背広着用しています。

 ひたちなか市文化協会は、平成8年の発足以来、20年に及ぶ活動をしてまいりました。私たちは、総会員数約2,000名を数え、この度、ホームページを立上げることになりました。これを機に、文化協会の活動を、より多くの方々に知ってもらい、芸術文化の力で、生きる喜びや活力をお届けしたいと思います。

 昨今、暗い事件や新型コロナの対応など、不安や閉塞感が感じられる面もありますが、こうした世の中であるからこそ、芸術文化の果たす役割は益々重要になってきております。

 

 私たちの活動は、秋のひたちなか市芸術祭を軸として、一日体験教室・春の祭典などの開催や、会報誌「白亜紀」を発行し、様々な芸術文化に、より多く人に触れてもらう機会をつくっています。これらの活動をとおして、そこに関わる方々に夢と感動を味わって欲しいと願っています。芸術文化には、間違いなく、人の心を動かす大きな力があると信じております。

 

 さあ、いまこのホームページをご覧の皆さん!私たちと一緒に、芸術文化の香りに触れてみませんか?あなたの心がさらに豊かになれるものが、見つかれば幸せです。

 

 令和2年10月

会長 川又 淨範